FC2ブログ
ステージアとボクと、時々、ショベル
愛車WGNC34ステージアと愛馬ハーレー・ショベルFLHのメンテ・チューニングの紹介。妻のBMWも、何かと理由をつけてはイジりたいと模索中。妻に内緒のチューニングはハラハラ・ドキドキの連続です。                          一身上の都合によりステージアからC26セレナに乗り換えました。ショベルも手放す予定です。題名はそのままに、これからはE46とC26を中心に綴ります。
お気に入りに追加してください。


リンク


部品はお安くネットで購入。


カテゴリー


FC2カウンター


最近の記事


月別アーカイブ


ボクも結構購入しますね。


ブログ内検索


楽天サイコー


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
励みになりますので、ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

E46 レギュレータ交換・・・詳細に?
レギュレータが故障して早2日、トルクスを用意する時間もなかったので、久しぶりの登場板金君の工場で作業させてもらうことにしました。

結局レギュレータは某オクにて6,000円程度の物を調達しました。
また故障するかもしれませんから、高い純正を購入しなくても良いでしょう。


板金君は工場を拡大して板金整備君になっています。
板金だけでもDとの太いパイプを持っているのでかなり儲けているようですが、元々整備士を持っているので、整備も出来るように工場を大きくして、
最新鋭のリフトも入れてしまいました




あまり仕事の邪魔をしないように、内張りのビスの位置くらいは確認してから・・・


レギュレータ交換 011
 レギュレータ交換 004

実家で工具を積んで、ドアを確認すると既にフィルムが破れてしまっていました
これで心置きなくガンガン作業できます

レギュレータ交換 001

 レギュレータ交換 006 レギュレータ交換 005
内張りのモールを外すとロックピン近くと開閉レバー近くに2本ビスがあります。

レギュレータ交換 002 レギュレータ交換 003
レギュレータ交換 007 レギュレータ交換 008 
 ドアノブの肘掛部分の裏側に2箇所、隠し蓋があってその奥にビスがあります。

レギュレータ交換 010 
最後はウィンドウスイッチの奥にあります。


トルクスがないのでここまで確認したら板金君改め板金整備君の工場へ。
9時には付いたのですが、中断してもらうのも悪いので工具を借りて内張りを外します。

レギュレータ交換 014 レギュレータ交換 015

レギュレータ交換 016 
こんな感じで5箇所外します。

内張りはピンを折ってしまわないか、ドキドキでだったので、お願いしました、というか、ほとんどサクサクやってもらってしまいました 

レギュレータ交換 017 レギュレータ交換 022
レギュレータ交換 023 
慣れた手つきでサクサク外していきます。

内張りが外れたら、僕の出番です
内側の緩衝材を外していきます。
国産車のようにビニールではなく、
ドアの内側形状に合ったスポンジ材なんですね
良い作りしていますね。
それが
作業の邪魔になるのですが・・・

レギュレータ交換 024 レギュレータ交換 025
1箇所引っ張ってはがしたらカッターを入れて慎重に緩衝材と鉄板の間のシールをはがします。
気を抜くと剥がした所からまたくっついてしまいます。

レギュレータ交換 026 レギュレータ交換 027
レギュレータ・モーターが見えてきました。手がベトベトです

レギュレータ交換 028 
作業の邪魔なので一度全部剥がしてしまいましょう。

一応モーターのコネクター外したところで、一声掛けました。
すると、「良いですよ、良いですよ」とこれから先をやってくれることに・・・
ボクはアシスタント&撮影係

レギュレータ交換 030 レギュレータ交換 031

レギュレータ交換 029 レギュレータ交換 032
レギュレータは上下2本とモーター横の1本、計3本母ナットで固定されているのでそれを外します。

レギュレータ交換 033 
レギュレータとウィンドウを固定しているボルトが奥にあるので、ウィンドウを傷つけないように作業が出来るところまでウィンドウを下げてボルトを外します。


これでレギュレータ・モーターが外れます。


レギュレータ交換 034 上:新品、下:外したレギュレータ&モーター

レギュレータ交換 035 外したレギュレータとモーターを覗き込むと、絡んでいるのが分かります。

レギュレータ交換 036 モーターを外すとこの通りバックラ~~ッシュ

レギュレータ交換 037 モーターを組み替えて、外した手順の逆で組んでいきます。

レギュレータ交換 039 

組み込む際に気を遣うのがこの部分。
組み込むレギュレータは自由が利きませんから少しずつウィンドウと固定するホールを確認していきます。

レギュレータ交換 040 レギュレータ交換 041 
ウィンドウとレギュレータをボルトで固定します。横方向からの図です。

レギュレータ交換 042 
緩衝材・内張りを付ける前にスイッチをつなげてテストします。

レギュレータ交換 043 
問題がなければ緩衝材・内張り・モールなどを組んで終了です。

正味1時間30分程度、かなりの部分を板金整備君に甘えてしまいました。


故障したレギュレータを観察して、ボク自身の見解としては
モーターと連結している滑車のワイヤー溝が浅いように感じました。

無理が掛かった時の安全設計なのか、
設計ミスなのか、噂では頻繁に壊れる・トラぶるようなので、その都度純正交換、Dラー作業、などではお金がいくらあっても足りませんね



板金整備君へ支払いをしたかったのですが、「BMWは滅多に入らないから良い経験になったのでいらないですよ」と。
お礼のドリンクタバコも遠慮されてしまって・・・


少し車の話をして、邪魔にならないように早々に帰ってきました。



また壊れるのではないか、と一度もまだ開閉していません






 




励みになりますので、ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。